東海地方会に参加してきました【院長】

愛西市の皮膚科、とみよし皮膚科クリニック

とみよし皮膚科クリニック
お問い合わせ 0567-32-1112

〒496-0924 愛知県愛西市善太新田町十二上79-1

東海地方会に参加してきました【院長】
こんにちは。
もう9月も終わりですね。
あれ、、、この前、夏休みが終わったばかりでしたよね?あれ?
 
いつの間にかお彼岸も終わり、朝晩涼しくなってきました。
私は未だに半袖エアリズムで出勤していますが、、、エアリズム快適です^ ^
 
9月26日 日曜日は東海地方会(三重県、愛知県、岐阜県の皮膚科の学会)がありました。
緊急事態宣言下のためオンライン開催となったようで、いつもの学会や講習会のように自宅で聴講しました。
 
印象に残ったのは、関西医科大学教授 谷崎英昭先生のランチョンセミナー「アトピー性皮膚炎治療戦国時代 〜長期寛解維持を目指して〜」というご演題です。
1時間弱のご講演で、分かり易くとても勉強になりました。アトピー性皮膚炎は、乾癬で言われているように全身の炎症疾患としての側面もあるようです。アトピーはほかのアレルギー疾患、花粉症、喘息、食物アレルギー、睡眠障害、心血管障害、うつや不安などの依存があり、アトピー性皮膚炎患者さんのQOLに影響があるそうです。アトピー性患者さんの肥満のオッズ比が1.6、、、わたしもぽっちゃり体型ですが、これはアトピーのせいかなー?うん。アトピーのせいにしよう。
御発表のスライドには、谷崎先生ご自身の背中や腕、スネの皮疹が出てきて、共感しながら勉強ができました。谷崎先生に診てもらえてる患者さんは幸せだと思いました。とてもお優しいのに医学的に裏付けられた治療を受けられてる。私も短い診察時間の中ですが、患者さんが良くなるお手伝いができるよう頑張ります。
 
地方会自体は28演題あり、どの演題とも興味深く、こんな患者さん来たらどうしようか、あ、こういう時はご紹介すべきかなと反省しながら聴講しました。PCでスライドの臨床も病理も見やすくて良かったですし、愛知医大の座長の先生方が、丁寧に一題ずつご質問して下さったお陰で、理解がより深まりました。もうずっとweb学会がいいなあ、、、スーツ着なくてもいいし。
 
今回も独語ブログになりましたが、今回谷崎先生に教えて頂いたこと、学会で学んだことを血肉にして明日からまた仕事頑張ります。
 
短い時間で色々(受け売りで)お伝えしたくなるから、更に早口にならないかしら。でも患者さんはお待たせしたくないし。
 
顔にプロトピック塗ったら、また寝ます。
 
今回もブログ読んで下さってありがとうございました。