愛西市の皮膚科、とみよし皮膚科クリニック

とみよし皮膚科クリニック
お問い合わせ 0567-32-1112

〒496-0924 愛知県愛西市善太新田町十二上79-1

  • HOME
  • 円形脱毛症
円形脱毛症

円形脱毛症の症状

円形の脱毛部分が突然発生します。多発することもあり、頭髪以外にまゆや髭、腋毛、陰毛などが抜ける場合もあります。自然治癒することもありますが小児の円形脱毛症、アトピー性皮膚炎の患者さんに起こった脱毛症や全頭型など範囲が広い場合は治りにくい傾向があります。
円形脱毛症では毛以外に爪に点状のくぼみができたり、爪が黄色く濁りもろくなるなどの変化があらわれることがあります。

円形脱毛症の原因

原因は明らかになっていませんが、何らかの原因で自分の免疫システムが毛包を攻撃するようになり脱毛がおこると考えられています。

円形脱毛症の検査

膠原病や甲状腺機能異常などの合併があるので採血検査などで確認することがあります。

円形脱毛症の治療

《ステロイド外用剤・ステロイド局注療法》

円形脱毛症の病巣部では免疫を担当するリンパ球が毛包周囲に浸潤して傷害を起こしていると考えられることからそれを押さえる目的で使用します。
ステロイド外用剤はクリームやローション剤などを脱毛斑部に塗布します。
ステロイド局注療法はステロイドの注射剤を脱毛部の皮膚に直接注射する方法です。外用剤などの治療で反応が悪い場合におこないます。発毛が見られるまで何囘か繰り返して治療します。

《ミノキシジル外用》

ミノキシジルは血管拡張作用が有り、局所の血行を促進させ発毛を促すことにより男性型脱毛症や女性型脱毛症の治療に広く用いられている薬剤ですが円形脱毛症でも有効例が報告されています。

《局所免疫療法》

自然界に存在しないSADBEなどの感作物質(かぶれをおこす物質)を利用して人工的にかぶれをおこし、免疫担当細胞の分布などを変化させ脱毛症状を治療する方法です。
ますはバッチテストの要領で感作物質を体に覚えさせ、その後低い濃度の感作物質を脱毛部に塗りかぶれを起こさせます。他の治療で反応が悪い成人・小児例や小児の重症例でおこないます。

《ステロイド内服、バルス療法》

成人の重症例でおこないます。ステロイドバルス療法は入院管理が必要な施設で行います。

《ウィッグ》

広範囲で難治性の場合など心理的な負担を軽減するのに使用することがあります。
その他円形脱毛症の治療には塩化カルプロ二ウム、液体窒素、紫外線療法、抗アレルギー剤内服、漢方薬などの方法が有り、症状や治療への反応により組み合わせて行います。

症状が急に変わることもあります。疑問な点や困った事がありましたら、なるべく早目におたずねください。