愛西市の皮膚科、とみよし皮膚科クリニック

とみよし皮膚科クリニック
お問い合わせ 0567-32-1112

〒496-0924 愛知県愛西市善太新田町十二上79-1

帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化でおこるウイルス性疾患で皮膚科外来では良く経験する疾患です。
身体の片側に帯状に発疹が出現し、神経痛を伴うことが多い疾患です。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスが原因でおこります。子供の頃などに水痘(みずぼうそう)に罹って治った後、神経節にウイルスが残ります。風邪を引き体調が悪かったり、過労やストレスなどがきっかけとなり免疫力が低下すると潜んでいたウイルスが再活性化して帯状疱疹を発症します。

帯状疱疹の症状

50歳から70歳位の高齢の方に多くみられますが、すでに水痘(みずぼうそう)に罹っていれば誰でもなる可能性がありますので子供でもなる場合があります。
胸から背に出ることが多いですが顔や頭にもおこります。
神経の走向にそって通常体の片側に帯のように発疹が出てきます。はじめは発疹が出ず、ピリピリとした神経痛のような痛みのみのことも多く、しばらくしたら痛みのあった部分に赤いぶつぶつや水ぶくれができてきて帯状疱疹と気づかれる場合も多いです。初期の頃は痛みのために湿布を貼り、出現した発疹を湿布のかぶれなどと間違われて来院される方もよく経験します。
赤い発疹→水ぶくれ→かさぶたとなってなおります。神経痛を伴うことがあり、それが長く続くこともあります。

帯状疱疹の治療

治療はアメナリーフ、ファムビルやハルトレックスなど抗ウイルス剤の飲み薬を使います。症状がひどかったり免疫力が低下している患者さんは入院の上点滴加療する場合もあります。塗り薬は皮膚の状態に応じて使用します。
神経痛を残さないためには早い時期での治療開始が大切です。神経痛には痛み止めやビタミン剤、漢方薬の内服などを使用します。帯状疱疹後神経痛の治療にはリリカカプセル、ノイロトロピンなどを内服します。
帯状疱疹の痛みは冷やすのではなく、適度に温めるようにします。
痛みで交感神経が刺激されると血管が収縮して、血液循環が悪くなり、組織の酸素欠乏がおこることで発痛物質が作られさらに痛みをおこしてきます。冷やすことでも血管を収縮させ、同じように痛みをおこすもとになってしまいます。冬場は保温を心がけ、お風呂に入ってからだを温めるようにしましょう。(皮膚のただれがひどいなど、皮膚の状態によっては入浴の制限がありますのでこ相談ください)またストレスをさけ休養、睡眠をしっかりとることも大切です。

眼部帯状疱疹

顔の帯状疱疹で結膜炎や角膜炎などの眼病変を合併することがあります。三叉神経第一領域(目の周り~おでこ~頭)に発症した場合に多いのですが、特に鼻の先や鼻背部に発疹が生じた場合は(ハッチンソン徴候)高確率で合併するといわれていますので注意が必要です。

ラムゼイ・ハント症候群(耳帯状疱疹)

ラムゼイ・ハント症候群は顔面神経の膝神経節に潜伏感染したウイルスの再活性化によりおこり、顔面神経麻痺、耳介の帯状疱疹、難聴、めまいなどの聴神経症状が出現します。軟ロ蓋や舌にも発疹が出たり、舌のしびれ、味覚異常などがおこることもあります。予後が不良で後遺症を残すことも多いので早期診断、治療が必要です。

症状が急に変わることもあります。疑問な点や困った事がありましたら、なるべく早目におたずねください。