愛西市の皮膚科、とみよし皮膚科クリニック

とみよし皮膚科クリニック
お問い合わせ 0567-32-1112

〒496-0924 愛知県愛西市善太新田町十二上79-1

脱毛症

抜け毛について

頭部の毛は外力から頭部を保護し、保温や紫外線から頭皮を守る働きをしています。 毛の伸びる長さは1日に0.3mm~0.5mmほどです。 毛髪は成長期→退行期→休止期→成長期という毛周期を繰り返しながら伸長、脱落をしており脱毛症などの疾患がなくても洗髪をする際などに抜けてきますが、毎日洗髪する方で50~80本、2日に1回の洗髪だとその倍位は抜けることがあります。お風呂の排水口に毛が沢山ありましたとご相談されることもよくありますが、心配ないことも多いです。
5cm以下の短い毛が沢山抜ける、円型に抜けたところがある、頭頂部やおでこの生え際が薄くなるなどの症状がある場合はご相談いただければと思います。

女性型脱毛症 Female pattern hair loss(FPHL)

《女性型脱毛症とは》

思春期以降、特に40~50代から閉経以後に多くみられる脱毛症で頭頂部が主に薄くなるのが特徴です。

《女性型脱毛症の症状》

初期の頃は頭頂部から前頭部にかけての分け目部分が薄くなり拡がってきて気づかれることがよくあります。
頭頂部が主に薄くなり、毛が細くなる(軟毛化)という症状が認められる方が多いですが側頭部や生え際の両サイドが後退する場合もあります。

《女性型脱毛症の診断》

徐々に進行すること、女性型脱毛症の脱毛バターンになっていること、うぶ毛化して細くなった毛髪が認められることが診断の基準となります。甲状腺機能低下症や膠原病、貧血などの脱毛をきたすことのある疾患や薬剤性の脱毛、円形脱毛症などを除外する必要があります。

出産後脱毛

出産後脱毛は、分娩後2~3カ月頃から生じることが多い、休止期脱毛症の1種です。 妊娠中はホルモンの変化により、毛の成長期が延長しているのですが、出産後血中のホルモン濃度が妊娠前に戻ると毛が休止期に一斉に入っていくため、まとまった脱毛がおこります。
これは特に治療しなくても出産後6カ月ほどで自然に軽快する例がほとんどです。

牽引性脱毛

ポニ一テールやおさげ髪、巻き髪をすることで脱毛を生じることがあります。
牽引性脱毛といい、長時間毛髪を強く引っ張ることにより、毛のうに炎症がおき脱毛をきたすものです。
通常は髪を引くことを止めると治りますが、この状態が長時間続くと永久脱毛となる場合がありますので注意が必要です。

トリコチロマニア

トリコチロマニアとは精神的な要因で自分で毛を抜いてしまうことを繰り返す状態のことです。
別名「抜毛癖」とも呼ばれ、小学生の女児に多くみられます。
抜いた部分が一見円形に見え、円形脱毛症と間違えられていることもありますが、円形脱毛症に比べて、脱毛部分が不規則な形で、短く引きちぎられた毛と新しい毛が、混在していることや感嘆符毛が見られないこと、また病巣部分の毛を引っ張っても簡単に抜けないことなどで鑑別します。
抜くのを止めると治りますが、改善には心理学的なアプローチが必要です。

症状が急に変わることもあります。疑問な点や困った事がありましたら、なるべく早目におたずねください。